発令:「術を開発せよ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発令:「術を開発せよ」

こんにちは。
システム設計担当、888型です。

本作『鬼灯』では、主人公であるあなた以外に、そのパートナーとなる妖「久遠」がいます。そして共に育成パートで修行を積んで術師として成長していきます。
なんでそんな修行をしているのかは本編ストーリーに解説をお任せするとしますが、この修行の面白い点として、ただ能力値が増えていくばかりではなく、一定の水準を満たすことによって「新たな術を習得していく」ことです。習得していくのはあまり用途のない術の場合もあれば、本編ストーリーで重要な選択肢を与えてくれる術も用意されています。つまりストーリーによっては、そのストーリーが来るまでに術を習得しておかなければならないというようなことすら、あるかもしれないわけです。

…というようなことをシルクから説明されて、20個以上の術のコメント内容を考えながらバランスとデータをせっせこ揃えて入力しているのがこの私、888型でございます。陰陽術やら忍術の参考書だけでなく、ファンタジーRPGで一般的な魔法から何から集めて和風な感じに仕立て直して使ったりしています。中には世界観の根底に関わる重大な術も用意したりしてます。プレイヤーの皆さんが修行を積むうちに「おっ、こんな術を覚えたのか!」と期待感を持ってもらえるような内容になったと自負しています。育成パートでもストーリーパート以上にワクワクお楽しみいただけると幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

公式サイト        
■PC版公式サイトはコチラ■

http://pc.hozki.jp/

今すぐゲームで遊んでみる♪
■モバイルサイトはコチラ■

http://hozki.mgf.jp/
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。