発令:「自分の居住まいをしつらえよ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発令:「自分の居住まいをしつらえよ」

こんにちは。
システム設計担当、888型です。

先頃の日記で『道具』というものについて説明させていただきましたが、今回は『鬼灯』のもう一つの特徴であるところの機能である『家具』の話をしましょう。いやいやいや、むしろさせてくださいお願いします。
主人公であるみなさんは、劇中のとあるキャラクターの家に居候という形で、妖怪君と一緒に住み着きます。あてがわれた一室について、自由にその調度を変更できます。その部屋をカスタマイズをする要素こそ、『家具』です。家具は道具と同じく色んな方法で入手する機会があると思います。プレイヤーのみなさんにとっても、同居する妖怪君にとっても住み心地の良い調度にしつらえてみましょう。
中には家具という定義からはハズレそうなちょっと面白いものや、妖怪君のための衣服なんかも用意されています。さらには仲の良くなったストーリーキャラクターたちまで、この一室に登場することがあるとか。
鬼灯ではストーリーとしての面白さは勿論のこと、そのストーリーを進める過程でのいろんな操作にも面白さを追求していきたいと考えます。今後も更なるオモシロ機能をご紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

公式サイト        
■PC版公式サイトはコチラ■

http://pc.hozki.jp/

今すぐゲームで遊んでみる♪
■モバイルサイトはコチラ■

http://hozki.mgf.jp/
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。