発令:「アイテムを作成せよ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発令:「アイテムを作成せよ」

こんにちは。
システム設計担当、888型です。

でも毎回システムの事を書いても、ブログ的に「888型の記事の更新の時だけ、なんかアクセス数少ないよね」みたいな解析をされるとぐんにょりなので、今回はちょっと柔らかい話を入れていきたいと思います。
シルクから「アイテム作っておいて」と言われて、とりあえず作りました、アイテム。『鬼灯』の中では『道具』と呼ばれています。システム以外でもこういうデータの入力をやることもあるのです、我が家の888型は。
道具はストーリーで重要な鍵となるアイテムは勿論のことですが、それ以外にも育成パートで重宝する道具なんかも『鬼灯』には存在しています。例えばタッグパートナーである妖怪君の能力を上げるもの、疲労を回復させるもの、仲良くなるための食事などなど。バリエーションも一定量揃える事を考えると、まぁざっと30種類は用意されるでしょう。
いつものシステム開発では使わない範囲の頭をひねりまわしました。ネーミングだけでもそれとなくユーザーの皆さんに「これがどんな効果の道具なのか」が把握できそうなような感じにし、加えて鬼灯の世界観や幽玄な雰囲気を壊さずむしろそこに住む人の生活感を感じさせるように。
ユーザーの皆さんのお手元にも「これ、使い勝手悪いよ」みたいなアイテムを見る機会があるかもしれませんが、それもまた鬼灯の世界を形作る無駄の一つであると感じていただければ、データ入力者としては無上の喜びです。特に食べ物。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

公式サイト        
■PC版公式サイトはコチラ■

http://pc.hozki.jp/

今すぐゲームで遊んでみる♪
■モバイルサイトはコチラ■

http://hozki.mgf.jp/
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。